natts事務局ブログ

「喫茶ノスタルジア」続編!!

こんにちは 南海電鉄 NATTS事務局です。
NATTS6月号の巻頭特集「喫茶ノスタルジア」でご紹介したお店と同じルーツをたどるお店をご紹介します。

「珈琲屋ナカノ」


入って直ぐにあるショーケース内にはカップが所狭しと並べられている

お店の雰囲気

「珈琲屋ナカノ」が天下茶屋にオープンしたのが約40年前。
店主の中野美代子さんは、NATTS6月号でもご紹介していました大阪の老舗珈琲店「丸福珈琲店」の創業者の親戚(創業者の奥さまのご兄弟とご結婚)です。
「珈琲屋ナカノ」をオープンする前は、「丸福珈琲店」で約20年間働かれていたそうです。

店主の中野美代子さん

「珈琲屋ナカノ」で使うコーヒー豆は、「丸福珈琲店」で焙煎された4~5種類の豆をブレンドしているそうです。
コーヒー豆は、お店の中央にあるコーヒーミルで挽かれ、「丸福珈琲店」から代々伝わる『ドリッパー』を使うことにより、ムラなくコーヒーを抽出できるのだそう!


この『ドリッパー』は、NATTS6月号の「丸福珈琲店」と「伊吹珈琲店」でご紹介した写真にも写っていましたね!


「珈琲屋ナカノ」のホットコーヒー(400円)は、深みのある濃い味わい。最初は、角砂糖やフレッシュを入れずにそのままで、途中からスプーンの角砂糖を入れて、味の変化を楽しみました。


折角来たので、アイスコーヒー(430円)も注文してみました。
アイスコーヒーも色・味ともにホットコーヒーと同じく深く濃く、注文して良かったと思える味わいでした。


ノスタルジックな雰囲気を楽しむことができる「珈琲屋ナカノ」で、ティータイムを過ごしてみてはいかがですか?

「珈琲屋ナカノ」
住所:大阪市西成区天下茶屋2丁目5-15
アクセス:南海 天下茶屋駅下車徒歩約5分 または 阪堺線 北天下茶屋電停下車すぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。