natts事務局ブログ

今年で6年目! 中学校男子バレーボール部を応援するキャラバン活動が今年も始まりました!!

こんにちは 南海電鉄 NATTS事務局です。
南海電鉄では、平成21年からVプレミアリーグ所属の「堺ブレイザーズ」と連携して、
沿線の中学校男子バレーボール部に所属する部員への直接指導やバレーボール大会などを行う
「堺ブレイザーズコーチングキャラバンby NANKAI」を実施しています。

これまでに堺ブレイザーズの選手から直接指導を受けていただいた中学校は[15校]、
バレーボール大会に参加いただいた中学校は[19校]で、
南海沿線の男子バレーボール部がある中学校に数多くご参加いただいています。

今年は、第1回目の活動を6月21日(土)に行いました。

直接指導に参加いただく堺ブレイザーズの選手は、写真左から 内藤選手、石島選手、松岡選手、井上選手、横田選手、今村選手、松本選手、佐川選手です。

今年、堺ブレイザーズの選手から指導を受けていただくのは、「和泉市立郷荘中学校」・「岸和田市立土生中学校」・「岬町立岬中学校」の男子バレーボール部のみなさんです。(和泉市立郷荘中学校は、テスト期間直前のため日程を変更して開催)

岸和田市立土生中学校 男子バレーボール部のみなさん

岬町立岬中学校 男子バレーボール部のみなさん

選手との記念撮影が終わったところで、本日の練習を開始しました。


セッターの今村選手からトスの方法を教えてもらっています。


オポジットの松岡選手から、こちらもトスの方法を教えてもらっています。


ミドルブロッカーの内藤選手からアタックの方法を教えてもらっています。


ウイングスパイカーの石島選手は、何やらカメラ?を構えています。


先程の写真の続き。どうやら石島選手は、生徒が行うアタックの助走を動画で撮影して、それぞれの生徒に見せているようです。自分のプレーを客観的に見て学ぶのは大切ですね。

第1日目の練習の最後に、岸和田市立土生中学校と岬町立岬中学校による練習試合が行われました。




試合後は、各中学校担当の堺ブレイザーズの選手から本日の練習について生徒それぞれにアドバイス。


リベロの井上選手からレシーブの受け方についてアドバイス。

第1日目の練習は、無事に終了しました。

各中学校には、9月までの間に5回の直接指導を受けていただきます。

そして、9月27日(土)には、今年指導を受けていただく3つの中学校と南海沿線の男子バレーボール部が複数参加するバレーボール大会を『ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)』にて開催いたします。

このバレーボール大会は、どなたでも見学可能ですので、南海沿線の男子バレーボール部を応援するために是非観戦に来てくださいね。

今年で6年目! 中学校男子バレーボール部を応援するキャラバン活動が今年も始まりました!! への1件のコメント

  1. O(≧∇≦)O より:

    (笑)ゴッツのオチ面白い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。