特集 1月号 匠の技と思いが詰まった絶品カツ@とんかつ なにわ

NATTS 1月号 特集 なにはなくとも…丼が好き!

「とんかつ なにわ」さんのご紹介です。


昭和62年にオープンし、大阪で生まれ育った2代目の店主が切り盛りするお店です。

店内には調理風景が見渡せるカウンター席とテーブル席もあります。
こちらがもともとまかないメニューとしてはじまった”なにわ丼”です。豚肉、豚ミンチ、鶏肉、たまねぎ、いも、かぼちゃの6種類のカツを特製のデミグラスソースでいただきます!

デミグラスソースとごはんの組み合わせは珍しいんじゃないかなと思っていたのですが、
味は甘めのハヤシライスに近かったです。

衣が特徴的なんです‼‼
見た目からも分かるほど薄くて細かく、
さらに、2層になっていると聞いて、断面を見てみると確かに!
衣が2層になっているのが確認できました。


写真からでも衣の薄さが分かっていただけるかと思います。

1番よく出るメニューは”ロースとんかつ”とのことで、取材でお邪魔している間にも3、4組のお客様が慣れた様子で”ロースとんかつ”をオーダーしていました。

地元のお客さんにとっても愛着のある味なのか、なにわの味を求めている常連さんも多い。

ごはんは5合ずつしか炊かないというこだわりがあり、水量もかなり厳密に図っているとのこと。
お肉も仕入れによる微妙な違いを判別し、お肉に合わせて揚げ方も変えているという。
長年の経験と技術による匠の技が感じられますね‼‼

とんかつ なにわ
大阪府大阪市浪速区難波中2-6-1
06-6633-0472
11:30~15:00(LO)
17:30~22:00(LO)
水曜休
なんば駅下車 徒歩約2分



次回は1月18日(金)に更新します!
お楽しみに!