特集 1月号 食通が集う木津市場の鮮魚で勝負@海鮮丼専門店 木津 魚市食堂

NATTS 1月号 特集 なにはなくとも…丼が好き!

「海鮮丼専門店 木津 魚市食堂」さんのご紹介です。

市場といえば美味しいお刺身!
お刺身といえば海鮮丼!!
どーん!!!


1月号の表紙を飾った丼は”ウニ海鮮丼”


ボタン海老を中心にサーモン、白身、剣先イカ、焼きアナゴ、トロ、マグロ赤身、たたきマグロ、ホタテ、カニ身、いくら、ウニをふんだんに乗せたとっても豪華な海鮮丼。
仕入れの状況によりネタは変わりますが、見た目の印象はほとんど変わらないそう。
テカテカのいくらがとっても美味しそう♡
ここだけの話ですが、1月号NATTSの表紙ができてきた時の一言目が「いくらめっちゃ美味しそう」と思わずもれてしまいました。(私はあまりいくらが得意ではないのですが・・・)

それぞれのネタの1カットが分厚く、ウニもカニも盛り盛りで、色もとりどりで華やかな印象を受けます。

お醤油にもこだわっており、丼に合うように調合してもらったお醤油を使っているのだそう。
丼に使われているいくらもこの特別なお醤油に漬け込んでいます。

ランチにはあら汁とお漬物が付きます。

このお漬物も木津市場の中で手に入る「安兵衛」さんのものを使用しています。

この日のあら汁はサーモンでしたが、こちらも仕入れにより変わります。


身がしっかりついていて、食べごたえがあります。

もう一つ大人気の丼は”こぼれ丼”!!
お客様の目の前でネタを盛り付けるシリーズです。

だいたいのメニューは写真付きでイメージしやすかったのですが、””こぼれ丼”に関してはメニューを見ても写真が載っていないのですが、これには理由があります。
『目の前に出てきた時にびっくりしてもらいたい』から、non-pictureにしているそうです。
どんな丼が登場するかは注文した人だけのお楽しみですね~☆

そんな「魚市食堂」は今年の4月にオープンしたまだまだ新しいお店。
せっかく市場で新鮮な海鮮が手に入るにもかかわらず、その場で食べられる場所がなかったこれまで。
『おいしい海鮮をその場で食べてもらえる場所にしたい』という店主の山元さん。


丼の盛り付けをしていただいています。
「まだ乗せるの!?」「そんな大胆にカットするの!?」「ワサビはどこに乗るの!?」とワクワクしながら完成されていく丼をじーっと眺めてしまいました。

店内にいらっしゃったお客様は、みなさん丼が目の前に出された瞬間笑顔になっていました。

金額だけ見ると通常のランチ相場よりはどうしても高価になってしまいますが、実物を前にするときっとみなさん満足されるのではないでしょうか。

毎日売切れ次第終了で14:00前後には終わってしまう日が多いみたいです。
急げ~!

海鮮丼専門店 木津 魚市食堂
大阪府大阪市浪速区敷津東2-2-8
06-6632-1017
6:00~売り切れ次第終了
不定休 ※1/1~3は休み
高野線・今宮戎駅下車 徒歩約5分



次回は1月11日(金)に更新します!
お楽しみに!