natts事務局ブログ

織田信長が恐れた?!ソテツがある「妙國寺」

NATTS 4月号 特集 教科書には載らなかった 堺の歴史ロマンめぐり


myokokuji1myokokuji2
妙國寺は、日蓮宗本山由緒の寺院で、永禄5年(1562)に堺を支配した三好四兄弟の一人、三好実好と日珖上人の尽力により建てられました。日珖上人は、堺の豪商、油屋常言の息子です。
堺での日蓮宗の代表的な寺院として、商人や来堺した戦国武将たちの信奉を受け、朝廷より勅願寺と定められました。
境内には、国の天然記念物に指定されている「妙國寺のソテツ」があります。
また、幕末にフランス兵との間でおこった「堺事件」において、十一人の土佐藩士が切腹した場所でもあります。(妙國寺の説明看板より)

myokokuji3
妙國寺の周辺に建っている道標もご紹介します。

まずは、ソテツに関する道標です。

myokokuji4myokokuji5
さらに堺事件に関する道標です。

myokokuji6myokokuji7myokokuji8
今回ご紹介するメインは、妙國寺のソテツです。

myokokuji10

元々、堺に自生していたソテツですが、中でも妙國寺のソテツが見事であったため、そのことを聞いた織田信長が、妙國寺のソテツを安土城に移植させたそうです。

しかし、伊吹おろしの強い風で大きく揺れるソテツの音が、「堺に帰りたい」という声に聞こえた織田信長は、ソテツを切ってしまうように命じたそうです。
切られたソテツからは、鮮血のような赤い樹液が流れ、それを見た織田信長は恐れをなし、ソテツを妙國寺へ返すように命じたのです。

そして、帰ってきたソテツが、妙國寺の境内から見えるこのソテツです。

myokokuji11myokokuji12
現在の樹齢は、1100年を超えて、大木となった見事なソテツを是非ご覧ください。
本堂入口には、「ソテツの実ストラップ」(200円)も販売していますよ。


妙國寺

住所 堺市堺区材木町東4丁1-4
TEL 072-233-0369
時間 10:00~16:30
拝観料:大人400円、小・中学生200円 
※15名以上で拝観の場合は、堺観光ボランティア協会(072-233-0531)へ要予約
定休日 年末年始
アクセス 阪堺線 妙国寺前電停下車徒歩約5分





次回は4月6日(金)に更新します!
お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>