natts事務局ブログ

紀州忍術「正忍記」ゆかりの寺 二月限定ご朱印のご案内~和歌山西国三十三ヶ所 第十番札所「大宝山 恵運寺(えうんじ)」~

和歌山市吹上(寺町)の「大宝山 恵運寺」は、日本三大忍術伝書「正忍記」著者「名取三十郎正澄」菩堤寺であり、忍者の日(2月22日)にちなみ、毎年二月限定で各種「忍活」ご朱印を押印しております。


【限定ご朱印】
2月2日から28日まで

【受付時間】
9時から17時受付まで

住職在山日、本堂参拝可能日はホームページにて参照の上、御参拝くださいませ。
ただし、急な檀務の為、予定が変更になる可能性があります。ご了承下さいませ。


【期間中の催し】
2/2~5  虚空蔵菩薩特別拝観
2/6~15 涅槃図拝観(本堂拝観可能日に限る)
2/10 徳川頼宣公位牌ご開帳(開運の象徴)
2/11午後2時より 涅槃会坐禅会(予約先着15名に参禅朱印進呈)
2/22 名取流開運忍術道場開催(忍者出現)
      忍術修行免許皆伝で開運的中朱印進呈(50名ほど)
2/24午後2時より お寺ヨガ~つきわ~ 忍者の身のこなしを身につけよう




<忍活ご朱印と妊活ご朱印>

「正忍記」には主に情報戦を制する秘技が記されており、情報化社会を生きる我々にとっても役に立つ書物です。
情報戦の達人「名取三十郎」のお墓にお参りした証に、就職、学業の成就を祈念し「忍活成就」ご朱印をお授けします。
墓参御利益「学業成就」「合格祈願」「就業成就」「商売繁盛」

紀州は徳川御三家の高貴な紫です。(朱印帳揮毫)
nin_ppl


平成24年に発見された名取三十郎の位牌は、夫婦位牌でした。夫婦仲良く寄り添った位牌は、当時の武家には珍しくとても夫婦仲のよかった現れなのでしょう。
三十郎夫婦の子孫はその後繁栄し、明治維新の兵制改革まで紀州藩軍学指南「名取流」は受け継がれました。
子孫繁栄の名取家と当山鎮守地蔵菩薩にあやかり「妊活」のご朱印をお授け致します。
忍びよろしく、いつの間にかお腹に宿り、スルッと安産していただけますよう、そして逆子の妊婦さんには、クルッとお子様が体を返すよう名取三十郎のお墓とお地蔵様におまりください。
参拝御利益「子宝摂受」「安産祈願」「子育安穏」「発育健全」「恋愛成就」「良縁祈願」

南無地蔵尊(妊活成就または家内安全)
※ただし、家内安全は書き置きのみ。
jizo_silver

恵運寺鎮守地蔵菩薩
jizo_hanami

禅寺らしい達磨の朱印も有名です。
danma_yataiki


<大宝山 恵運寺について>
1619年(元和5年)創建の曹洞宗寺院。
紀州藩初代藩主徳川頼宣公が入紀した際、随従した重臣で武田家の名軍師山本勘助の流れを汲む山本図書正春が山本家の菩提を弔うためと
主君徳川頼宣公の広厳無窮と天下泰平長昌を祈念するため「大宝山長昌院廣厳禅寺」を建てる。
後に恵運寺と改名し、徳川家のみならず万民の開運招福、無病息災、天下安寧福楽を祈願する寺院となり、現在に至る。

本尊は十一面観世音菩薩。胸中に弘法大師御作で新田義貞公の持仏が埋められている。
eunji


紀州忍術「正忍記」
正忍記は日本三大忍術伝書として知られ、古来から重要な研究資料となっている。
数ある忍術伝書の中でも、その内容の深さ、精神性において群を抜いており、特に心理戦術においては「本物の凄み」さえ感じられる。
今日、映画や小説などで一般的に知られている忍術は、正忍記をヒントにしているものも少なくない。


名取三十郎の墓
natorigrave



「正忍記」を書いた名取三十郎正澄は、紀州藩の軍学指南「名取流」の中興の祖。
名取流の数々の軍学書は国会図書館、東京大学など全国各地に写本が残されている。
中でも<正忍記>は、軍事の要とも言える諜報を担った”忍び”の姿を今に伝える名取流の秘書にあたる。

2012年、イギリス人歴史研究家アントニー・クミンズ氏によって、名取三十郎の墓が和歌山市恵運寺にて発見された。

紀州忍術ゆかりの寺にちなみ「手裏剣御朱印帳」や、智恵の菩薩「虚空蔵菩薩御朱印帳」など、オリジナルの御朱印帳を期間中に特別頒布。
学業成就、芸事向上、合格祈願、就職成就などに。
syuriken_blue
kabuto
koku


ホームページはこちらからご確認ください。⇒『大宝山 恵運寺』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。