natts事務局ブログ

NATTS7月号 巻頭特集取材日記④

こんにちは 南海電鉄NATTS事務局です。
本日もNATTS7月号巻頭特集で取材させていただいたスポットをご紹介します。

今回は、徳島の夏の風物詩「阿波おどり」を年中体感することができる「阿波おどり会館」です。

この「阿波おどり会館」の建物は、阿波おどりで使われる「あるもの」の形に似せて作られたそうですが、何だかわかりますか? 正解は…

日中に建物の写真を撮ったので分かりにくいですが、夜になると建物全体に照明が灯り、「提灯」そっくりになるそうです。ぜひ一度見に行ってくださいね。(写真がなくてすいません)

阿波おどり会館2階の「阿波おどりホール」では、昼と夜にそれぞれ演舞が行われています。
昼は、阿波おどり会館専属の“連”(踊りのグループ)である「阿波の風」が、40分間の公演の中で、観客も参加できる時間を設けているそうです。阿波おどりを踊ったことがない方は、ぜひチャレンジしてみては?
夜は、阿波おどりの有名連が日替わりで出演されているのですが、“連”によってリズムや踊りが違うってご存知でした?
取材のときは、時間の都合で公演を見ることができなかったので、今度遊びに行ったときには迫力ある公演を楽しみたいと思っています。

阿波おどり会館の窓に飾られている有名連の提灯

阿波おどり会館3階の「阿波おどりミュージアム」では、阿波おどりの歴史を紹介するミニ博物館があり、衣装や鳴り物などを展示しています。また、阿波おどりの立体映像が楽しめる「阿波おどり3Dシアター」では、臨場感たっぷりの阿波おどりを楽しむことができます。

本物そっくりに作られた展示

住所:徳島市新町橋2-20
TEL:088-611-1611
営業時間:9:00AM~5:00PM
定休日:年末年始、2月・6月・10月の第2水曜日
料金:阿波おどりミュージアム  一般300円、中学生以下150円
    阿波おどりホール (昼)一般500円、中学生以下250円 (夜)700円、中学生以下350円

NATTS7月号 巻頭特集取材日記④ への1件のコメント

  1. たじろん より:

    阿波踊りミュージアムってあるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。