natts事務局ブログ

鮮やかな色彩が映えるオーナメント
@スペインタイルアート工房

2-7

スペインタイルアート工房



NATTS12月号の巻頭特集は「いよいよクリスマス」。
手作りのモノでクリスマスを彩りましょう!



マンションの一室に教室があるのですが、中に入るとビックリするアート作品の数々!


2-12-22-3



スペインタイルアートを作る体験ができ、数日後には完成品ができあがるんです。
今回は体験の流れを簡単にご紹介します。



まずは、素焼きのタイルに下絵を描いていくのですが、なんとシャーペンで描いていくんです。



2-4
※「なぜシャーペン?」と驚きますが、答えは後程お伝えします。



続いて、釉薬(ゆうやく)を流し、色を付けていきます。



2-52-6



この釉薬を流す際に、先程シャーペンで描いた理由が明らかになります。
釉薬は液体状なので、普通にこの枠の中に流そうとすると枠からはみ出ますよね。
その問題を解決してくれるのがシャーペンで、シャーペンの中に含まれるわずかな油分があふれ出るのを防いでくれるそうです。
※もちろん、膨大な量を防ぐことはできませんので、ご注意を。


描き終えると、焼き付けた後、約10日後に出来上がります。



2-7


スペインタイルアート工房
大阪市西区南堀江1-20-23 ダイアパレス堀江公園1003
06-4390-6545
10:00AM~6:00PM
日~火曜&祝日休 ※12/24~1/9休
汐見橋駅下車徒歩約12分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>