natts事務局ブログ

河内長野で9月10日に音楽祭を開催!

河内長野からワールド・ミュージックを発信し、河内長野らしい音楽祭を目指している「かわちながの世界民族音楽祭」が、9月10日(日)に河内長野市のラブリーホールで開催されます。

奥河内音絵巻

1994年に第1回の開催を行い、今年で24回目。
今年の内容は、一昨年・昨年にも行った「奥河内音絵巻シリーズ」。
「奥河内音絵巻シリーズ」の3年目も、河内長野市在住の“のこぎり演奏家”であり作曲家であるサキタハヂメさんが、芸術監督・作曲を行います。

「この地で生まれた楽器達を奏でる」・「言葉に頼らないで笑いを作る」・「木を面白がる 山を鳴らす」の3つのキーワードにより創られる今年の音楽祭は、美しくて笑える音絵巻になっているそうで、盛り上がること間違いなし!

音楽祭当日は、飲食ブースや雑貨販売などを行う「奥河内マルシェ」、合唱やダンス・楽器演奏などを行う「奥河内 OK Stage」のほか、奥河内の木を使った楽器作りやのこぎり音楽教室などの体験ゾーンも同時開催。

音楽祭2
チケットの情報や音楽祭の詳細などは、ラブリーホールHPをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。