natts事務局ブログ

石津川の名前の由来!?

今回も誌面に載せきれなかった情報をお届けします!

2回目は、“石津”という地名の由来をご紹介します。

“石津”という地名は、浜に戎神が船で漂着し、
五色の神石という意思を置いたことから、
“石津”(津は船着場の意味)という地名が付いたとされています。

その後に、「えびすさん」こと蛭子命をこの地で祀ったのが、
「石津太神社」(いわつたじんじゃ)です。

1

毎年12月にある、泉州の奇祭「やっさいほっさい」で有名な神社です。
境内には、「えびすさん」の姿も!

2

鳥居の前にある交差点付近には、
五色の神石が埋めてあるとされる場所に石が置かれています。

3

石津川の北岸には、
蛭子命が漂着した御所とされる御旅所もあります。

45

通称“磐山”と呼ばれており、
この場所が発祥の地とされています。

石津太神社(いわつたじんじゃ)
大阪府堺市西区浜寺石津町4-12-7
072-241-5640
社務所 8:00AM~5:00PM
石津川駅下車徒歩約5分

次回は「駅チカのスイーツ店」です。
お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。