大鳥羽衣浜神社を散策

今回も誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします!

第1回目はこちら、大鳥大社の摂社、大鳥五社明神の一つである「大鳥羽衣浜神社」です。
御祭神は両道入姫皇女で、日本書紀によると日本武尊の后であったとされています。
01

境内には、樹齢5~600年と言われるクスノキが。歴史の深さを物語っています。
0203

境内右手には、井戸守稲荷大明神も祀られています。
江戸時代、社殿前にある井戸から上がる水は「神水」として尊ばれたそうです。
04

お札やお守りはこちらで。
05

境内には、羽衣砂丘遺跡の碑が。
発掘調査で、古墳時代から奈良時代にかけての土器が出土されたそうです。
06

「大鳥羽衣浜神社」
高石市羽衣5-2-6
072-261-2157
参拝自由
羽衣駅下車徒歩約10分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。