駅前Part.2「桃のご利益!」

今月号の「駅前さんが行く」は、繊維の街として知られる泉大津をご紹介。
ここでは、誌面でご紹介できなかった情報をお届けします!

今回は、大津神社です。
大津神社の由緒は以下の通りです。【大津神社のホームページより】
大津神社鎮座の起源は「小津の泊まり」に祀られた小祠であったといわれます。その後鎌倉時代に八幡大神を勧請し、以来「若宮八幡宮」と称していましたが、明治四十一年に、宇多神社、神明神社、菅原神社の三社を合祀し、事代主神社を境内社として合併し、式内粟神社を境内に移転した際に、「大津」の総鎮守として、「大津神社」と改称されました。

0102
境内にどーんと現れる大きな桃!?

03
桃は、魔除け・厄除けの果実とされているそうです。
この桃は「厄除桃方位盤」というもので、桃と下部の方位盤に触れてから、自分の身体を撫でることで厄除けになると言われています。

04
こんな可愛い「招き猫みくじ」もありました。桃守りとあわせていかがですか?
05

「大津神社」
泉大津市若宮町4-12
0725-32-0603
参拝自由
泉大津駅下車徒歩約3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。