natts事務局ブログ

南海フェリーが『みかん色』に衣替え!

こんにちは 南海電鉄 NATTS事務局です。

本日は、みかん色に衣替えした南海フェリーをご紹介します。
まず、衣替えをするために大阪市内のドック(船の建造や改修を行うための施設)に入っているフェリーをご紹介しましょう。

南海フェリーは、和歌山港から徳島港を結ぶフェリーで、「かつらぎ」と「つるぎ」の2隻が就航中です。
「かつらぎ」は、ドック入りするまでは白色の船体でしたが、今回のドック入りで就航以来初めての衣替えを行いました。

「かつらぎ」の色は、南海フェリーの航路である「和歌山」の特産品『みかん』をイメージしたオレンジ色です。
今回のドック入りで船体の定期検査や色を塗り替えたほか、座席やじゅうたんなども入れ替えし、大規模なリニューアルを行いました。

南海フェリーのオリジナルキャラクター
(左)高野きらら (右)阿波野まい

この日は、「かつらぎ」がドックから出て、和歌山港へ向かう日でした。
大きなフェリーをドックから引っ張り出すのが、このタグボートです。

タグボートの左側へ伸びているロープの先には、「かつらぎ」の船尾が固定され、タグボートが後退しながら「かつらぎ」を引っ張ってドックから出していきます。



タグボートに引っ張られて約30分後、「かつらぎ」はドックから完全に出ることができました。



その後、タグボートと繋がっていたロープを外し、「かつらぎ」は和歌山港へ向かって行きました。



「かつらぎ」と入れ替わりで、次は「つるぎ」がドック入りします。
「つるぎ」も「かつらぎ」と同様に船体の塗り替えと座席やじゅうたんの入れ替えを行います。

「つるぎ」は、「かつらぎ」とは別の色に塗られるそうです。
「かつらぎ」が和歌山の特産品『みかん』をイメージしたオレンジ色だったので、「つるぎ」は徳島の何の名産品の色に衣替えするのか楽しみです!

南海フェリーが『みかん色』に衣替え! への1件のコメント

  1. プリキュア より:

    フェリーの衣替えですかっ!!おもしろいですね!
    和歌山のみかんをイメージした色合いもいいなぁ。近いのに徳島には行ったことがないのでリニューアルした南海フェリーに乗って、めちゃめちゃ行ってみたくなりました。8月には阿波踊りもあるし、自分の中ではホットスポットです。船の改修する所をドックって言うんですね。つるぎがどんなイメージになるか楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。