natts事務局ブログ

映画「海難1890」☆記者会見

こんにちは!NATTS事務局《ありむ》です。

今回は、日本・トルコ合作映画「海難1890」の記者会見の模様をお届けいたします。

IMG_2225

12月5日(土)に全国で公開されます映画「海難1890」は、

日本とトルコの友好125周年を記念して、

エルトゥールル号海難事故の史実をもとに製作されました。

映画は、1890年のエルトゥールル号海難事故と、

1985年のイラン・イラク戦争の際のテヘラン在留邦人救出劇の

二つのエピソードで構成されています。

記者会見には、主役の田村元貞役の内野聖陽さん、

田村の助手、そして日本人学校教師の春海の二役を演じる忽那汐里さん、

監督の田中光敏さんが登壇されました。

 IMG_2204

ではでは、記者会見の質疑応答をご紹介します!

 

『映画に対する思いは?』

《監督》

10年前に同級生である串本町長から手紙をいただいたことをきっかけに、

やっと完成した映画。皆のいろいろな思いが詰まった作品となった。

《内野さん》

日本ではあまり知られていないが、ぜひとも後世に残したい話。

このような大事故があった場所で撮影できることを感慨深く思う。

亡くなった方々に見せても恥ずかしくないような映画にできたと思っている。

過酷な環境での撮影だったため、ドキュメンタリーに近い出来だと思う。

《監督》

俳優陣には辛い環境での撮影だったと思う。その分、ワンカットワンカットがすべて宝物。

IMG_2192

《忽那さん》

口がきけない女性の役は、思いを表現することが難しく、悩みながら演じた分、

思い入れの強い作品となった。

IMG_2197

『トルコに対する思いは、撮影前後で変わりましたか?』

《内野さん》

もともとトルコについてそんなに詳しくなかったが、撮影を通して、

日本人に対する親近感が強いことがよくわかった。

こちらとしても、もっとトルコの国民性を知りたくなった。

日本からも、トルコに行きたいと思う人が増えれば良いと思う。

 IMG_2190

《忽那さん》

私ももともとトルコのことをそんなに知っているわけではなかった。

エキストラで多くのトルコの方々に参加していただいたが、触れ合いを通じて、

この映画化でトルコの人々が心から喜んでくれていることを実感できた。

驚いたのは、トルコに行ったときに、外国に来た感じがしなかったこと。

これは初めての感覚だった。

《監督》

トルコが大好きになった。

トルコの文化に触れることで、日本との関わりの強さを強く感じた。

IMG_2189

『皆様へメッセージをお願いします』

《内野さん》

このような史実があったことを誇りに思ってほしい。世代問わず見てもらいたい。

《忽那さん》

この逸話をしっかり伝えたいという責任を持ちながら臨んだ。ぜひ見てください。

《監督》

125年前の行動により、今でもトルコと日本の友好関係が続いていること、

そして映画が完成したことに感謝。

町の人々には、自分自身含め俳優陣に対しても大変親切にしてもらい、

おもてなしの心を感じた。皆がそういう気持ちを忘れずいてほしい。

IMG_2211

いかがでしたでしょうか??

映画の詳しい内容についてはHPをご覧くださいね!

http://www.kainan1890.jp/

また、今週末に開催の、南海沿線”ええもん、うまいもん”カーニバルにおいても、

この映画のPRステージがあります!(11月1日)

皆様、ぜひぜひ”ええもん、うまいもん”カーニバルにも来ていただいて、

映画もご覧になってくださいねー!

南海沿線”ええもん、うまいもん”カーニバル HPはこちら↓

http://www.natts.net/natts15th/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>